clover.blue

[JS講座] 9. 配列(Array)の操作

Data
2019/07/28
Tag

配列の長さ

([1, 2, 3]).length // 3

const fruits  = ['りんご','バナナ','パイナップル','ぶどう','すいか','めろん'];
console.log('果物が' + fruits.length + '個');

// 出力結果 : 果物が6個

配列の連結

([1, 2]).concat([3, 4], [5, 6]);

// [1, 2, 3, 4, 5, 6]

const fruits = ['りんご'];
const fruits2 = ['バナナ'];
const fruits3 = ['パイナップル'];
const fruits4 =  ['ぶどう'];

fruits = fruits.concat(fruits2,fruits3,fruits4);

console.log(fruits);

// 出力結果 : ["りんご", "バナナ", "パイナップル", "ぶどう"]

文字列として連結

([1, 2, 3]).join('/');

const date = [2013, 4, 26];
console.log(date.join('/'));

// 出力結果 : 2013/4/26

配列の追加・削除・取り出し

追加

先頭に追加

const test = [1, 2]
test.unshift(3, 4); // [3, 4, 1, 2]

最後に追加

const test = [1, 2]
test.push(3, 4); // [1, 2, 3, 4]

削除

先頭を削除

const test = [1, 2]
test.shift(); // [2]

最後を削除

const test = [1, 2]
test.pop(); // [1]

削除と追加

['a', 'b'].splice(from,len,'追加したい値1','追加したい値2');

配列のfrom番目からlen個の要素を削除し、代わりにその後に続く値を埋め込みます。

const fruits  = ['りんご', 'バナナ', 'パイナップル', 'ぶどう', 'すいか', 'めろん'];
fruits.splice(1, 2, '追加したい値1', '追加したい値2');

console.log(fruits);

//出力結果 : ["りんご", "追加したい値1", "追加したい値2", "ぶどう", "すいか", "めろん"]

取り出し

['a', 'b'].slice(from,to);

配列のfrom番目からto番目までの要素を抜き出した配列を返します。

  • toを省略した場合は残り全て
  • 負の値を指定すると後ろから数える。

const fruits  = ['りんご', 'バナナ', 'パイナップル', 'ぶどう', 'すいか', 'めろん'];
fruits = fruits.slice(1, 4);

console.log(fruits);

// 出力結果 : ["バナナ", "パイナップル", "ぶどう"] 

列の並べ替え

配列をルールにそった配列を返す

([1, 2]).sort([func](比較関数));

配列の要素を文字列表記の辞書順に並べ替える。
※ 比較関数を使い任意でルールを指定することができます。

const numArray = [3, 7, 4, 1];
numArray.sort();

console.log(numArray);

// 出力結果 : [1, 3, 4, 7]

配列を逆順にする

([1, 2]).reverse()

const fruits  = ['りんご', 'バナナ', 'パイナップル', 'ぶどう', 'すいか', 'めろん'];
fruits.reverse();

console.log(fruits);

// 出力結果 : ["めろん", "すいか", "ぶどう", "パイナップル", "バナナ", "りんご"]